便利なインターネット販売の医薬品!購入時のルールを知ろう!

処方箋なしで医薬品購入?個人で購入する際に知っておきたいこと

ネット上で医薬品は自由に買えるの?

先に触れましたが、国内、海外問わず医薬品の購入にはルールがあります。
海外の医薬品を見てみましょう。
処方箋薬については、用法用量を見て一か月分以内の量であること。
医薬品や医薬部外品については、二か月以内の分量までの購入が可能です。
そしてこれらの薬は、個人で服用するのが前提になっていて、税関を通すため個人名を伏せての購入ができなくなっています。
上記の量以上に購入する場合は、地方厚生局への届け出が必要になります。
海外で流通している医薬品の中で、健康に影響が出るものについては厚生労働省が製品リストを公開しています。
医師の処方箋がなければ個人でも輸入ができません。
個人輸入が不安な場合は輸入代行業者が手続きをしてくれますが、頼む前に申請や許可を取っている業者なのか確かめましょう。

海外の医薬品の効用について

国内生産と海外のものを比べたら、どのように管理されているかわからないものについては国産を選択する人が多いと思います。
海外の医薬品でも安全性や製造過程がはっきりしていて、効き目が確かだとわかれば個人輸入しても問題がないでしょう。
海外のものは有効成分の含有量が不安定だったり、衛生上に問題があるなど、国内の基準で見ると満たしていない薬も含めて流通しているのが現状です。
定められた用量でない場合、正規の効き目が得られないことや思わぬ副作用が起こるおそれがあります。
海外の医薬品を個人で輸入するなら、購入したい薬について詳しく調べておくこと。
副作用が出てしまったときにどんな薬を服用したのか、説明書やパッケージをかかりつけ医に提出するため大切に保管しておくようにしましょう。


TOPへ戻る