インターネットで医薬品を購入する際に知っておきたい事

便利なインターネット販売の医薬品!購入時のルールを知ろう!

処方箋なしで医薬品購入?個人で購入する際に知っておきたいこと

近場に薬局がない、ほしい医薬品が置いていないのでインターネットで取り寄せたい。 対象が国内だけではないので商品の種類が豊富、自宅に居ながら手に入れられるようになりました。 海外の医薬品は安価なのと処方箋がなくても購入できる薬があり人気です。 実店舗と同じように、自由に医薬品が購入ができるのでしょうか。

自由に買える?日本と海外の医薬品

病院で処方される医薬品は、国が定める薬機法で認可しているお墨付きのものです。
医師が診断、処方するお薬は有効成分が市販されているものより量が多く、処方量が厳重に管理されています。
2014年にネット上で一般医薬品の販売が解禁され、便利になった!と思った人が多かったのではないでしょうか。
近年まで解禁されなかった理由は、安全性をどのように確保するのか議論が重ねられてきたからです。
ネット上で販売可能になったお薬の種類は、一般医薬品の中でも第二類と第三類に分類されるもの、第一類は薬剤師のみ販売可能なもので、あとは登録販売者の資格が必要です。
お薬にはそれぞれの症状に対しての効き目があるのはもちろんですが、副作用があるのはみなさんもご存知のことでしょう。
薬局に行けば、薬剤師と相談して効果と副作用の注意点を聞いて買うことができます。
ネットで一般医薬品を購入する行為は、自己責任を了承したうえで服用しますと認めたことになるのです。
国内のお薬だけでなく、海外の医薬品を個人輸入できます。
医薬品を扱う海外のお店や企業と直接やり取りをします。
個人購入が不安な人は、輸入代行業者に頼めば手続きをしてくれるので簡単に手に入るようになりました。
どの医薬品購入にもルールが定められていて、海外の医薬品も同じです。
いくらでも海外から購入できるのかといえば、そうではありません。
一度に購入する薬の量が制限されています。
お薬の飲み合わせで怖いのは起こるかもしれない副作用です。
成分は調べたから大丈夫!だと言う人がいるかもしれません。
個人の体質までは考慮しておらず、アレルギーなどの場合は命に係わることになるので要注意なのです。
ネット上で医薬品を購入する際の注意事項を確認しましょう。

日本と海外の医薬品の購入ルールとは

本来は処方箋がないと手に入らない医薬品も、海外のものは手続きをするだけで個人輸入ができます。 国内の医薬品は薬剤師に相談するものと、そのまま購入できる薬があります。 日本と海外の医薬品の購入のしかたは若干違います。 それぞれ手続きの内容を確認していきましょう。

出店の決まり事と購入者が守るルール

ネット上で購入する際に心配なのは、お店が信用できるか?ということです。 医薬品は用法容量など、取り扱いを間違えるとかえって体の毒になってしまいます。 取り扱っているお店にも、医薬品を販売する条件があるのをご存知ですか。 店舗を利用する私たちにも事前に知っておかなくてはならない注意点があります。

TOPへ戻る